読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫麿の校正/ギター日記

仕事(校正業)、趣味のギターについての日記。

久々のセッション

ギター(音楽)

昨日、mixiの某コミュのセッションに参加してきた。ギターで人と合わせたのは一体何ヶ月振りだっただろうか。思い出すことすら出来ない。

課題曲は「Don't say lazy」「No,Thank You!」「僕らは今なかで」というアニソン3曲。セッション1週間前にメインのストラトが壊れたため、レスポールを持って行った。

セッションスタジオはNODE水道橋。このコミュ御用達のスタジオである。スネアが無料レンタル制になったらしい。

ギターの片割れ(彼がド初心者の頃から面倒を見ている)がピスジャウォットを持ってきたのでジャズコに繋がせてもらい、レスポール+ピスジャ+JCで音を作った。最初は彼がHISTORYのストラト+ピスジャ+JCだったが、キンキンしてしっくり来ず結局マーシャル直結になった。

セッションは3曲を1曲当たり1時間使ってひたすら合わせまくる感じ。間違ってもノープロブレム。とにかく合わせることに慣れようというのがコンセプト。一応初級者対象だが、今回は割かし中級者が集まった。

ドンセイについては100回以上弾いているが、やっぱり楽しい曲である。シンプルだけどカッコいい。

ノーサンは初めて合わせたが、思った以上にカッコ良くて気持ちいい曲だった。ややハードな雰囲気なのとサビでの盛り上がりがたまらない。

僕今はテンポが速くてコードの切り替わりも忙しい曲であり、中々苦労した。ただギターが結構主役になれる曲だったのでやりがいは大きかった。

最後にはドンセイを半音下げでやるという試みも行い、ヘドバンをしまくって終了。当たり前だが、やっぱり楽器は合わせてナンボだなと思った。演奏中の気持ち良さ、アドレナリンの出具合、テンションの上がり方、忘れていたこの感覚こそ音楽を辞めれない理由である。今後も定期的にセッションに参加していきたいと思う。