読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫麿の校正/ギター日記

仕事(校正業)、趣味のギターについての日記。

雑感:陰陽座―瞬火の凄さ―

ギター(音楽)

あけましておめでとうございます。今年もギター動画をたくさん投稿していこうと思います。

さて、今日は瞬火さんの凄さについて私の思うところを書いていきます。瞬火さんは陰陽座のリーダーでありベース&ボーカルでありプロデューサーでありメインコンポーザーであり作詞家でありデザイナーでもあります。一人7役をこなしているということです。野球で言えば、監督であり4番エースでありヘッドコーチでありスコアラーでありトレーナーということですw世の中には多くのロックバンドが存在しますが、これ程の役割をこなしている人は恐らくいないでしょう。また、山本恭司さんとのインタビュー(http://charger440.jp/backnumber/category/kyoji/vol20.phpでは、サラリーマンもしていた時代にはバンドと仕事の両方に100の力を注いでいたと語っています。これだけでも、とてつもなく有能な人なんだなということが分かります。

更に、瞬火さんを見ていると「創造性」と「独創性」とは何かが分かります。自身の好きな「妖怪」と「へヴィメタル」を組み合わせて「妖怪へヴィメタル」という音楽を創造しました。その上、着物の衣装・古語の歌詞等々、日本の他のバンドではまず見られない個性を打ち出しています。バンドをやるならこれ位徹底しなければ、へヴィメタルというジャンルで長年食べていくというは難しいのでしょう。