猫麿の校正/ギター日記

仕事(校正業)、趣味のギターについての日記。

ベース購入

f:id:keisukepanda:20170819132653j:plain

(ヨリの写真)

 セッション以降ギターを弾く気が起きず、ふとベースが弾きたくなった。先日、友人とイケベ楽器に訪れた際に密かに気なった一本があり、改めて試奏しに行った。

 結局、即決。それが上の写真である。イケベがフジゲンにオーダーしたものらしいが、要はNJB10MBAH-SBBの色違いと考えて良さそうだ。

 見た目、弾きやすさ、価格、全て満足の一本である。

 

 

3年目

 本日をもって商印校正者生活3年目に入りました。人の入れ替わりが激しい世界で、よく自分がここまでやってこれたと思います。とはいえ、一寸先は闇。「印刷事故をゼロにする」ということを常に肝に銘じて明日からまた仕事をしていきます。

2016年を振り返る

 校正者として2年目の今年は、建材のカタログ校正から幕を開けた。連日帰宅は深夜になるような、1年目とは比べ物にならないほど忙しい毎日。気力は限界に達したが、なんとか乗り切った。

 それが終わるとすぐ、旅行パンフの校正に入った。旅行パンフの仕事は、商印校正の中で最も校正者が嫌がる仕事らしい。案の定、複雑なルールと絶対にミスができないプレッシャーに苦しめられた。この案件もまた連日長時間の残業が続き、いよいよ心が折れた。

 それからなんとか復活し、今に至る。幸い長期間休むことはなく、年末を迎えることができた。ちょっとした挫折もあったが、年明けから仕事が無くなるということはなさそうなのでとりあえず良しとしよう。体力や気力が安定するのは、まだ先な気がするけど。

校正≠添削

い エディタースクールでの初授業の時、一人ひとりが自己紹介をした。俺は校正者を目指したきっかけが、添削のバイトであるということを言った。すると、すかさず菅原先生が「校正と添削は違う。校正者が原稿を勝手に直すことはあり得ない」と仰った。校正者を目指す人の性格として、直したがりだったり完璧主義だったり、もっと言えば独善的な面があることを知っていたのだろう。そのご指摘通り、俺は校正を添削のようなものと思っていたことは事実であった。菅原先生から賜ったその金言は、在学中から現在まで常々心に留めている。ただ、一度だけほぼ添削のような仕事があったことは付け加えておく。商印校正の扱う対象は広いので、そういうこともあるのだ。

挿入の校正記号

 他人のゲラを見ると、挿入の校正記号の書き方は二通りあることに気付く。一つ目はこれ。

f:id:keisukepanda:20161001103855j:plain

 入れる文字を全て、しっかりと囲む書き方。エディタースクールでは、この形で教わる。ただ、スクールでは引き出し線の先の二股は付けていない。個人的には、挿入の意味が明確になると思うので付けている。

 

 二つ目。

f:id:keisukepanda:20161001103859j:plain

 文字をあまり囲まない書き方。これのメリットは、早く書けることである。しかし、引き出し線と囲み線が離れると「(貝に」と見えてしまい、「私は(貝になりたい」と直ってくる可能性がある(実際にそういうことがあった)。

 

 校正記号は、人それぞれ書き方に癖があって意外と奥が深い。そういうことも、今後書いていこうと思う。

 

ブログリニューアル

 ブログをリニューアルしました。タイトルとデザインを変え、過去記事で仕事に関するもの以外は削除。今後は、仕事(校正業)のことのみについて書いていきます。他に書きたいことが出てくれば、サブブログを開設するかもしれません。

 

追記:音楽系の記事は復元しました。以降はサブブログ「猫麿のベース日記」を開設し、そちらで書く予定です。

iRig HD+AmpliTube 導入

 iRigを買うとAmpliTube 4 Deluxe(約35,000円相当)が手に入るというIK Multimediaのキャンペーンに釣られて導入してみた。いざ導入を始めると、音が出ない等のトラブルに見舞われ続け、一日半経ってようやく音を録るところまでたどり着いた。

 これまでPOD Farmを使っていたが、音のリアルさはAmpliTubeの圧勝である。ただしデフォルトではベースアンプの種類が少なかったので、手元にあった25creditでSVT-4PROのモデリングを追加してみた。これからは、AmpliTubeをメインのアンプシミュレーターとして使う予定である。